<< 籠瀬 麻里 簪 植田 千香子 帯留め >>

植田 千香子 簪

b0108918_0123774.jpg

■作品名 : 簪 「リボン」
■作者名 : 植田 千香子
■サイズ : 13cm
■素 材 : 銀 銅 
■製 法 : 打ち出し 線象嵌

女性が髪にリボンをつけていたら可愛いだろうな、と思い、これを作りました。
赤色の宝石がついているイメージでデザインしました。

銅は煮込み着色という日本特有の色付け技法を用いることで、赤色に発色します。
その銅の赤色を使って宝石とストライプ模様を表現しました。

リボンの形は一枚の銀の板を、立体的に打ち出しました。
そこに銅の線を象嵌し、銅の丸い板を膨らませ鑞付けしました。


b0108918_0419100.jpg

■作品名 : 三色団子風玉簪
■作者名 : 植田千香子
■サイズ : たて16 × よこ1 × 高さ1、5 cm
■素 材 : 銀 石
■製 法 : 鍛金

菊座(石一つづつについているギザギザの物)がかわいいと思うので、それを使ったかわいらしいものが作りたいと思いました。
それも、スパッと作りたい。

まず銀を叩いて一本の丸棒を作り、変形させ耳かきの部分、石の付く平らな部分を成形していきました。そして石をかしめるところに穴をあけ、芯と菊座を作り、石をかしめました。

スパッ!?


b0108918_062727.jpg

■作品名 : りんご飴風玉簪
■作者名 : 植田 千香子
■サイズ : たて21 × よこ3 × 高さ3cm
■素 材 : 銅 銀
■製 法 : 鍛金

昔の人は簡単にスパパパッと簪を作っていたに違いない、という思いから、どうやったら合理的にスパッと玉簪が出来るのかということをあーでもない、こーでもない、と必死で考えて作りました。何が問題かというと、玉をどうやってつけるか。これです。
私の出した答えは、4パーツに分けることでした。

①、玉
②、玉に刺さる耳かき付の棒
③、髪に挿す二股の部分
④、②と③をつなぐパイプ

玉は叩いて作りました。二つのおわん状の半球を真ん中でつないでます。
銀の部分も叩いて延ばしながら適度な太さの丸棒を作り、、耳かきの部分、髪に挿す部分の平らな部分等を作りました。
そしてこの玉を②にさし、④のパイプで③とつなげ、ハンダで引っ付ける。
最後に銅の発色による色上げをして完成です。
[PR]
by kinkou-seinenkai | 2007-02-14 18:06 | ★ 「和装小物 特別展」
<< 籠瀬 麻里 簪 植田 千香子 帯留め >>